六畳一間に会社を作りました

脱サラして自宅に会社を作りました。副業の心得やらノウハウやらWEBライターやヤフオク!でお小遣いを稼ぎたい人のために情報を発信中!

もっとふざけてもいいかもね~・1

スポンサードリンク

f:id:haro33takoshi:20170919182107j:plain

いやほら、アイコン用の写真を最初に載せるか載せないかで印象違うから。。。

あのですね、すげー堅いことを書いてた当ブログ「六畳一間」ですけど、なんだかもっと肩の力抜いて書いてもいいかなと。

で、要するに知識や技術のアウトプットをやってくけども、もっとゆる~く展開してもいいなぁとか、秋の夜長にそんなこと考えてます。

 

結局ブログで発信するのって…

「ブログで発信するぜ!」「お役立ち情報満載だぜ!」って、正直な所お腹いっぱいのような気がしてなりません。

だってTwitterにいっぱい転がってますよ、実際。

で、差別化ではないけど、何を発信しようかしらんなんて、そんなこと考えてたら方向が決まらずに困ってたんですよね。

で、困ってるなら困ってること書けばいいやと、そこ。つまるところブログって…

  • お役立ち情報を発信したい
  • お役立ち情報のためのインプットが必要
  • アウトプットするために文章力も必要
  • ある程度行き着いたらブログとしてアウトプット

って、じゃあ今あなたはどこなのかって話ですよ。

現在地を理解できていない人が多いから、ブログ書いても響かなかったり、読者さんが直ぐに離脱しちゃうんだろうなと。

長い文章の必要もないよね…

で、2万文字とか、果てしなくスクロールしないと読めないとか、ブログってもっと気楽に読むものだからそんなに長い文章もいらないわけですよ。

要はね「ちょっと~奥さん、みたみた~」くらいのゆるさがあって、それでいいんだなと思うんです。

だから今後のブログはあまり固くならないように、さらっと読めるように書いていきますね。

とりあえず長いうんちくは飽きるんじゃ!

文章を読んでもらいたいなら長々とその人のご意見はいらないかなと。

ほら、古舘伊知郎が10年ちかくニュース番組持ってましたよね?

僕はあれが大嫌いでした。

だって、ニュースに対して古舘さんのご意見が入っちゃいってましたから。

「あなたの意見は今はいらないですよね」なんて思ってましたもの。

ニュースはただニュースを伝えてくれればいいんですよ。

それがニュースですから。

ブログも同じですね。

書籍の感想文や紹介をされる方がいらっしゃいますが、注意深く読んでると、なにか違和感があるんですよね。

特に自分の意見を主張してしまっているレビューは困りものです。

読みに来てくれる人は何かしら検索してたどり着いたのか、TwitterとかのSNSから来てるのかは知りませんが、単純に興味のある書籍の紹介があって「読みたい」と思ったからタイトルに惹かれて読みに来るんですよね。

で、その本が知りたい内容なのかどうなのかを読みたいわけですよ。

でも実際読みに行ったら、書評を書いてるはずなのに「この表現はこうした方がいい」とか「あまりにも内容が薄く…」と書いてる方もいるんですよね。

要は読者のニーズに応えてない。

さっきのニュース番組と同じで、内容のどこに惹かれた、響いたってことが書かれてないため、まったく面白くないわけです。

そりゃ~その内容じゃ全然読者さん来ません。

で、ブログから何を発信するのか?

結局ブログで何かを発信するなら、「ジャイアンのリサイタル」じゃ駄目ですね。

せめて映画版のジャイアンくらいの男気がないと。

例えばこのブログ読んどけば大まかな本の内容がわかるぜ!

とか、

この本のここを読んで実際にこれを実践したら結果がでてきたぜ!

などなど、要は役に立った事は何かを知りたい訳ですよね。

この先の、これを購入したら生活や仕事にどんな変化があるのか?を掻き立てられる内容じゃないとね、数年先は淘汰されてるんでしょうね。

結局、理由を持って続けたら強いですよね

結局は「伝える理由」。

ただ一点これだけ。

僕がブログを書いてる理由はこれを読んでくれてる人が少しでもなるほど~って思って欲しいからなのです。

だから今後はおせんべいでもかじりながら読んで下さいませ~