自分を安売りすると後で値段があげられません

f:id:haro33takoshi:20170808221309j:plain


最近いろんなメディアで取り上げられてきたクラウドソーシング。


Twitter上でも結構議論になってる所に遭遇します。


例えば単価が低いというネタはいつまでも残ってますね。


確かにライターとしてクラウドソーシングの単価は低いです。


でも参入障壁が低いからこそ単価が低いと気づきませんか?


本日はそんなお話。



クラウドソーシングの単価が低い!






 クラウドソーシングのライター募集案件、かなり単価が安く設定されています。


一昔前の駆け出し編集員の頃でさえ400字5000円はザラだったのに、今では1/8くらいの単価で記事を頼めるのです。


さて、それは正統な報酬だろうか?とたまに議論になってますね。


はっきりいますと……


何者でもないあなたに頼む最高報酬がその額。


ここを履き違えて安いだの買い叩きだのと騒いでるやつは仕事なんて来ません。


でももうひとつ勘違いしてはいけないことがあって、


今その単価で仕事を受注できる


ここ、間違えちゃいけません。


今は単価が低いのです。クライアントの意向を汲んで、


SEOにかかる表題付けて、


読者が離脱しないように記事を濃くして、


そこであなたのスキルになるんです。


誰にでも始まりはあります。


僕のコンサルなんて社内コンサルだったから無休、無報酬でしたよ。


士業の資格を持って、月に5000円しか報酬をもらえないのです。


ただ、安売り、安請け合いはいけません。


そして安い仕事を数こなして、センスを磨きましょう。


ね、センスを磨くためにお金を払ってくれると思えば、安くはないですよね?






 なのでバランスのとり方がこの先大切です。


最初はお金に拘らず書きまくってセンスを磨き、


コミュニケーション能力を上げ、


スキルにする。


そこからは自分がやってきた経験を書き溜めて発信する側に回る。


それができないならFB起業でもなんでも頑張ってみる。


とにかくこれで稼ぐんだって決めずに、


多岐にわたって収入を上げる方法を考える。


そうすると努力に見合った単価がもらえるようになる。






 後は自分言葉が独りよがりにならないように。


これは非常に技術がいるかもしれないけど、






 仕事の整理整頓は付けないと先に進めなくなります。


何事も5S、大事なことですね。


案件が取れないあなたへ






 紛いなりにもライターとして生活できてる僕が、


もしも技術を教えるとしたら、書き方にこだわりを持つな!と教えたい。


もっと言えば、成功してる人から余すところなく学べ!と。


ライターだったらとっとこさん(@Tottokolancer)や吉見さん(@NatumiToshi)がベストです。何よりわかりやすい。


学べっていいましたけど、一番いい方法は本人たちとゆるく絡んでみること。


僕がこうしてTwitterで呟いた事をまとめてるのはブログ記事を書く目的だけではなく、成功している人たちの思想をいかに吸収し、残すかを考えた結果なのです。


で、140字という制限をいっぱい使い、メッセージを残して戦う準備をするんです。


文字制限があれば書くことに集中するし、ないよりファンが増えてくれます。


またTwitterのフォロワーさんは書いてることのバロメーターなので、


フォロワーさんが増えなければ響いてない証拠だし、


書き方も伝え方も見直さなければいけません。


見直した先に、自分が今まで取れなかった案件が取れる様になります。


不思議なもので、そうなると信じて改善していくと、できるようになりますよ。


では本日はこの辺で。


ランサー攻略法とかまとめようかな……