ブログを毎日書くと何がいいのか?



ブログを毎日書くとなにかいいことありますか?とフリーになってからよく聞かれます。
これと言ってメリットはないですよ。いやこれ、ホント。
これと言ってメリットはないけど、続けようと思ったら続けてみてもいいんじゃないでしょか?
今回はそんな話です。



ブログを綴るのはなぜ?


ブログを書く事はなぜですか?理由があるとしたらそれは何を目的にしているのか?じゃないでしょうか?

筆者の場合はセルフブランディングに活用したいのでブログを書いてます。

セルフブランディングっておおよそ聞き慣れない言葉ですよね?

セルフブランディング(せるふぶらんでぃんぐ、SelfBranding)とは、企業や組織に所属しない「個人」が、自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。

引用:ウィキペディア
 フリーランス必携の能力です。
要はどこの誰かわからない人に仕事は回せませんという当然の事実です。
そのためフリーランスで活動している人のほぼすべてはブログやTwitter、フェイスブックで何かしら発信してます。

結局は誰に読んでもらいたのか?です


で、この見出しのままですね。仕事がほしいので、仕事くれる人向けに「筆者はこんな活動を行っているフリーランスですよ~」と発信している訳です。

また、こうして発信し続けるといろいろな人に出会える機会が増えます。

例えば作家さんとか、写真家さんとか、クリエイターと呼ばれる方達に逢えることもあります。

フェイスブックはわかりやすいですよね?セミナーを企画されている方が頻繁に更新していることが多いので、その方に逢ってみたいと思ったら逢いに行けばいいのです。

フリーランスはつながってなんぼなんで、割と気楽に逢いに行きますよ。

一番最初の読者はあなた自身ですよ!


コレを結構忘れがちです。筆者も最近まで忘れてました。

書けない、書くことがないともしも悩んでいるなら、自分自身に向けて書いてみて下さい。

次に誰に読ませるではなく、自分で読み直して叱咤激励してあげて下さい。

勝手気ままに書くのは自由、書く内容も自由ですけどね、書く時は「この記事読んで役に立つのかな?」と一つ頭において書き始めるといいですよ。

だって誰もあなたの日記は読みたくないから。