【フリーランスの心得】確定申告はやりましょう!

確定申告イメージ
ごきげんいかがですか、フリーライターの岩田です。
さて、今回は表題通り、そろそろ確定申告の時期なので少し掘り下げて記事にしました。フリーランス一年生とか確定申告が必要なサラリーマンの方とか、必見です。


サラリーマンでも確定申告が必要?


サラリーマンでも確定申告が必要だってご存知でしたか?
サラリーマンの方とか税金は会社がはらってくれるものと認識されていますけど、案外この点は落とし穴みたいになっていて、確定申告を行うと払いすぎた税金が戻ってくる事もあります。
まずサラリーマンでも確定申告を行わなければいけない事例をあげると…


  1. 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人

  2. 1ヵ所から給与の支払いを受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

  3. 2ヵ所以上から給与の支払いを受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

  4. 同族会社の役員などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人

  5. 災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている人

  6. 源泉徴収義務のない者から給与等の支払いを受けている人

  7. 退職所得について正規の方法で税額を計算した場合に、その税額が源泉徴収された金額よりも多くなる人

参考:給与所得者で確定申告が必要な人|所得税|国税庁
この7例が挙げられます。特に多いのは2ではないでしょうか?
サラリーマンがスキマ時間を利用してバイトや副業を行った場合は事例2が当てはまるため、確定申告が必要になってきます。
年間20万円なので月割で計算すると2万円超えてしまってたら申告の対象となりますね。
月に2万円って案外副業で稼げてしまうので、確定申告が必要な対象となるのです。
株式投資もそれに当てはまるので、ちょっと注意が必要です。
払うばかりではなく、きちんと申告すればサラリーマンも経費として認めら控除の対象となる場合も多くあります。これを「特別支出控除」といい下記の事例が当てはまります。


  1. 出勤のためのスーツ代

  2. お付き合いのためのお歳暮代

  3. 資格取得のための受講料

などなど、本業に関わる部分でその年中の特定支出の合計が、給与所得控除額の半分以上だった場合、確定申告をすることで超えた分の金額を所得金額から差し引くことができる制度です。
確定申告でそれら経費を申告するには、勤務先に経費であることを認めてもらう必要がありますが、勤務先も自分も何も損しないので一度相談してみて下さい。
特に自分に有利になる資格取得に掛かる代金は積極的に経費として認められるべきです。
他にも、盗難や災害にあった、医療費が高額になった(扶養家族も可)など事例がいくつもあるので、お近くの税理士さんに相談してみるのもいいですね。
この戻ってくるお金のことを「還付金」といい、過去5年を遡って申告できます。サラリーマンの確定申告は取られるばかりでは無いのです。国が認めた制度なので利用しましょう。

フリーランスはもちろん必要!


フリーランスは個人事業主に当たるのでもちろん必要。
毎年この時期になるとTwitterやFacebookで話題になる経費計算。ここが判ってないと余計な税金を取られてしまうので、しっかりと確認しておきたいところ。
しかし、「税金の仕組み」や「納税の仕組み」がなかなかに分かり難いためフリーランスでも稼いでいる人は外注していたりしていますね。賢い選択だと思います。
ただし外注化も税金や収支の流れがしっかりと把握できないといけません。
フリーランスでも3年位は自分のお金の流れは把握しておくようにしておきましょう。
それでもめんどくさい方のために「弥生会計」や「MFクラウド」、「Freee」などのクラウド会計ソフトの利用をおすすめします。
これらのソフトは自動で会計計算、収支管理、経費管理ができるので大変便利。しかも重要な収支の見える化も可能なため、フリーランスの方は積極的に活用されるといいですよ。
筆者が使ってる会計クラウドサービスは「MFクラウド」。
煩わしい領収書をホイホイとクラウドストレージに保存していけば毎月の経費計算や収支計算が非常に楽です。
しかも初年度の年会費が無料な上、経費管理だけでなく、請求書やこちらが発行する領収書のサービスまでついているため秀逸なクラウドサービスなのです。動画で説明があったので、クラウド会計ソフトを検討されているあなた、見てから決めてもいいんじゃないでしょうか?








青色申告で控除額を増やしてみよう!


フリーランスの方でもし青色申告で確定申告を作成していないようでしたら、是非今年は青色申告を検討なさって下さい。
青色申告とは、経費計上の控除額が65万円まで認められる申告方法で、書籍を買うことが多かったり移動に公共機関を使ったり、車のガソリン代がおもったよりも掛かったりと、ライターやカメラマンは意外と出費がかさみます。
そんなあなたを助けてくれる申告方法が青色申告。
これも先に紹介した「MFクラウド」で簡単に書類が作成できるので使わない手はないですよね?

まとめ


さらっとですが確定申告についてまとめてみました。
サラリーマンの副業が認められ、今年から副業を始めたという方も多いかと思います。是非一度クラウド会計ソフトを活用して効率よく公明正大に稼ぎましょう。
あと、レシートや領収書は捨てないでまとめておきましょうね。