経営者が「健全な経営をする」とはなにか?



先日、東京出張に行ってまいりました。目的は写真の人物にお会いすること。

ごきげんいかがですか。フリーライターの岩田です。

写真の人物は誰なのか?そこは追々お話するとして…。

実は私、今年で中小企業診断士10周年。

2008年に診断士試験に合格し、2009年に登録。正確には活動を始めて8年ほどなのですが、資格試験が通過してから10年経ちました。

診断士としてキャリア的に浅いのですが、それでもこの10年で60社ほどコンサルタントとして関わらせていただきました。
迷ってばかりですが、一つ疑問を持ちながら活動していたのは確かなこと。

今回実は素晴らしい良縁に恵まれて写真の人物を講師として招き、経営者セミナーを開催する運びになりました。



経営コンサルタント中博氏との出会い




写真の人物は経営コンサルタントの中博先生です。

中先生は経営の神様松下幸之助氏の右腕として松下電器産業株式会社の社長室長としてご活躍されていました。

また、あなたもご存知の漫画「課長 島耕作」は中先生の社長室長時代がモデルだったのです。

40代で松下電器産業株式会社を退職後、経営コンサルタントとして独立、

独立後すぐに著名な企業からのコンサルタント依頼が殺到し、

これまでにコンサルティングを行った会社は600社を超えます。

またこれまで中先生が関わってきた企業はたった1つも倒産しないでいるのです。


私と中先生との出会いは本当に良縁に恵まれた偶然によるものです。

それはビジネスパートナーの女性起業家 能津万喜さんからの紹介でした。

きっかけは彼女が参加した中先生の経営者セミナーの感想を聞いたところから。

日頃から診断士として活動しながら疑問に思っていたことを、

中先生にお聞きしたい!と強烈に思うようになったのも2018年を迎えてすぐのことです。

中小企業診断士として疑問を投げかけてみた所…


今年に入って中先生のHP(http://www.nakademy.jp/profile/index.html)からコンタクトを取りました。

その内容は…

私の友人が2017年9月8日に行われた中先生のセミナーに参加し、その内容が非常にわかりやすく今後の指針となったとお話を伺いました。
私自身、中小企業診断士として様々な企業のコンサルタントに従事しています。
中先生のホームページ、ブログにある様に、いま中小企業は非常に疲弊していて、諦めムードの広がりを見せています。
経営者の方々は口々に「現状維持で変わらずに今後も経営できれば」「新規事業に手を出さずに無事に年が越せれば良い」と語っています。
診断士としてコンサルタントを行う上で、このような危機感の薄い経営者がなんと多いことかと危惧していると同時に、昨今の様々な業界再編の動きに中小企業が抗うことなく呑み込まれて行くことに危機感を覚えています。

日本中の中小企業が同じような状態ではないのですが、


  • 現状維持で満足している。 

  • 後継者が育たない。

  • 会社に閉塞感が広がっている。

このような考え方の経営者は実際に多く、

働いている従業員もまた覇気がない会社もあるのです。

このお話を中先生に投げかけた所…

お送りいただいたご趣旨、小生大いに同感いたします。
世の識者の多くは、日本経済が多くの中小企業で支えられていることを無視しております。
マスコミも中小企業を取り上げる時も、大企業とともに成長する稀有な稀有な例ばかり報道します。
今日すこし日本経済がミニバブル的になっているだけに、まじめに経営する中小企業の経営者にとっては、非常に厳しい局面に立たされています。

と、中先生も同じような思いを持っておられでした。

中先生に実際にお会いしてきました。 




2018年2月。実際に東京で中先生にお会いしてきました。

話す内容はメールでやり取りした内容の返しだったのですが、



  • 小手先だけの経営術が横行している。

  • 時代の閉塞感から抜け出せていない経営者も多い。

  • 特に2代目、3代目に危機感が足りない

など、ここでは書ききれないくらいお話をさせていただきました。


そこで私から一つ「この話をもっと広くお伝えさせてもらえないでしょうか?」

と提案、先生からも快諾をいただき、


今回の経営者セミナーを開催する運びになったのです。

中博が語る「成功し続ける経営術」とは?




あなたはこんな悩みはありませんか?

□もう「なんとかなる」では通用しないとうすうす感じている。

□業績が伸び悩んでいて現所維持が精一杯だ。

□取り組む業界の2年後の見通しが暗い。

□後継者、経営幹部を育てることができない。

□先代のしがらみから新しい事を始められない。



このような悩みを抱えながら今を走っている経営者を私は見てきました。

また、悩みを抱えながらも走らなければならない経営者も見てきました。

この時代を生き抜く、成功し続ける、この2つは本当に難しいことなのかもしれません。

良書と呼ばれる経営術の本をいくら読んだところで、経済状況が刻々と変わってゆく現代、そう簡単にはいかないですよね?

でも、成功し続け、業績が右肩上がりである会社もたくさんあるのは事実です。

その差は何だと思いますか?

今回、中先生と私が作り上げているのはまさにその差を解消するための内容


小手先に頼らない真の経営術とは何か?


もし、今、このようなことでお悩みでしたら

ぜひとも今回開催するセミナーにご参加くださいませ。

 また、こういったお悩みはなくとも

中氏の少人数のセミナー自体があまり開催されませんので

ご興味おありの方はぜひこの機会にご参加下さいね。

 詳細・お申込みは?


お申込みは下記リンクからお願いお願い致します

www.reservestock.jp

【開催日時】


2018年3月21日(水)
開場 9:30~
開演 10:00~

【会場】


セミナールーム イベントスペースWM
住所:東京都中央区八丁堀4-9-13ニチレックビル8F
会場のホームページはこちら  www.reservestock.jp

30名の少人数募集です!参加予約はお早めに!!